noteに下ネタ書いたら10万売れた件

最初に断っておくと、この記事はドストレートの下ネタです。

なので、そういうのが嫌いな女子の方は絶対に読まないでくださいw

ちなみに男子は全員下ネタ好きに決まってますから、(こいつ…言い切った…)

興味のある人はみてください。

 

当記事の内容ですが、

僕がパチンコの情報発信を始めてすこーしだけ界隈で有名になったところ…

メールで「会いませんか?」と誘われたことがあったんですよね。

で、そのときの顛末を有料noteに書いたら10万円売り上げましたよって話です。

 

 

情報発信というと難しく感じるかもしれませんが、

シンプルに読者さんを楽しませるだけでも価値を感じてもらえる

ことがわかる良い事例だと思ったので紹介します。

 

ちなみに話はちょっと変わりますが

  • 女にモテたい
  • 「彼女いない歴=年齢」を卒業したい

こんなお悩みを抱えてる方と話す機会がときどきあります。

そういう人にも「とりあえず情報発信やれば?」とオススメしてるんですよね。

 

特にマーケティング関連の勉強をするのがいいですね。

結局、マーケティングって人間心理の理解に行き着くので、これを実践レベルで習得してると単純に異性にもモテるようになります。

 

というわけで、さっそくそのときのnoteの一部を転載してみようと思います。

こんな記事でも売れるんだなーと頭が柔らかくなるきっかけになれば幸いです。

 

※基本的にパチンコパチスロユーザーに向けて書かれています。

ときどき彼らが使う専門用語が出てきますが、そこらへんは深く考えずに読み流してください。

noteの内容の一部をご紹介

以下、転載です。

僕のオフパコの一部始終を告白します

あれは僕がパチスロブログを始めて数か月後の話でした。

当時の有名ブロガーだった方々に紹介してもらって、PVや知名度が右肩上がりで伸びていた時期です。

 

当時は放浪旅打ちの様子を実況中継していたんですが、熊本県に滞在していたとき、読者さんからあるメールが届きました。

 

「ルキノさんはじめまして、〇〇と申します。今熊本にいるんですね。

~ブログの感想~

もしよかったらお食事とかご馳走させてくれませんか?」

 

こんな感じのメール。

ちなみにそのときの宛先に本名っぽいものが書かれていたのですが、なんか男性とも女性ともとれる中性的な名前でした。

 

 

が、どうせこんなスロットブログを読んでるのなんてどうせ野郎だろと思い、そのあたりはそんなに期待はしませんでしたねw

しかし仮に野郎だとしても、丁寧に感想を書いてくれており、かつ文章から読み取れる人柄というか感じもよかったのでじゃあご飯奢ってくれるんならちょっとお言葉に甘えようかな……と返信してみました。

 

さて待ち合わせ場所に到着すると、待っていたのはロングヘアーの女性でした。

「え、女の人なの」と面を食らいながらも、平然とした様子を装い居酒屋に向かう僕。

 

どんな話をしたかはそんなに覚えてませんが、話はそこそこ盛り上がり、なおかつ女性は僕に好意を持ってくれているように感じました。

なので、今度熊本観光に付き合ってくれませんかと誘ってみたところ、返事はなんとオッケー。

観光は熊本城とかくまモンの執務室とか、そのへんのベタなところを周った記憶がありますが、そこらへんもぶっちゃけ覚えてません。

 

そんなことより大事なのはエッチの話です。

その後も彼女とラインでやりとりしたり、一緒にパチンコ屋さんで打ったりしました。

 

で、あるとき「とりあえず告白してみるか」とふと思ったんですよね。

 

いや、せっかく仲良くなってるのに一回もエッチしないのってなんか損じゃないですか(おい)

正直熊本にずっと滞在する予定もなく、他に行きたい土地もあったので、なんというか求められているのはスピード感でした。

で、告白してみたのですが、彼女の返事がなにやら煮え切りません。

 

 

よくよく話を聞いて、そこではじめて「実は私、もともと男子なの」とカミングアウトされましたw

いやあ、なんというか僕が鈍すぎるのかもしれませんが、もう全然気づきませんでしたね。

普通に女子だと思ってました。

そういや声はちょっとハスキーだなと感じていましたが、別にそういう女子いますしね。

果たして僕は、仲良くなった「元男の子」とどうするべきなのか。いや、どうしたいのか。

 

これを読んでいるあなただったらどうしますか?

ちなみに僕の結論は「とりあえず一回エッチしてみたいかも」でした←

 

 

恩師の口癖が「何事も経験」だったんですよね。その教えは僕の心根の深くにまで浸透していたみたいです。

それに告白するためにそれなりのムードを作ったのに、「私実は元男の子です」と言われて「そうですかじゃあさようなら」っていうのもなんか変じゃないですかwww

なので男ならここは続行だろと腹を決め、そのままホテルに向かいました。

 

さてホテルに着いて、さっそく事が始まるわけですが……

そもそも気になっていたのは「俺のマイサンは果たして使い物になるのだろうか?」という問題でした。

見た目は女性ですが、元は男の子ですからね。

そのことを思い出したら萎えてしまうかもしれない。そうしたら彼女(?)を傷つけてしまうのではないか。

しかし心配は無用でした。

画像3

僕の息子はギンギン丸でした。(そういう台が昔あったんです…)

僕の下半身のギンギン丸の「よっしゃ行こかー!」という掛け声に乗せられ、しっかり最後まで事を終えました。

 

というよりもむしろ「なんかイケないことをしている」という背徳感が絶妙なスパイスとなり…

ノーマルな営みよりも興奮した側面が否めなかったことをここに報告したいくらいです。

普通のセックスに飽きてしまった石油王の方がこれを読んでいたら是非参考にしてください。

 

さて以下にギンギン丸設定4の実践結果と感想を書きます。

そもそも作られたアソコは濡れるのか?

ここ気になっている人も多いと思いますが、これはローションを使って解決します。

 

そして挿入はできるのか?

ここも気になっている人いますよね?結論からいうとできます。

ただしあまりに激しい動きは怖くてできませんでした。

 

どうやら彼女(?)にとっても性転換してからの初実践だったようで、ちょっと痛そうだったんですよね。

ただ人口のモノでも経験を積めばちゃんと感じるようになるみたいです。

今後僕と同じような経験をする予定のある人は参考にしてください。

 

そして僕の率直な感想ですが、やはり本物のアソコに比べると、どうしても作り物感は否めませんでした。

単純な気持ちよさでいったら、やはりモノホンにはかなわねーなと思います。

ただね、そこだけ目をつむれば、あとはほとんど普通の女性と性行為をしているのと変わりませんでしたね。

精神的な興奮度を加味すれば機械割-0.2%くらいの体感期待値だったかなという印象です。

この一件から学んだこと

正直この話は一生墓場に持っていくつもりでした。

ブログ経由で知り合った人にすら誰も喋ってなかったですからねw

しかし今にして思えば、話のタネに出来てよかったなあと心の底から思います。

読者さんの反応も結構よかったですし。

そして情報発信をしている人、もしくはする予定がある人へ。

とりあえず変わった経験が出来そうだったらなんでも特攻してみると良いかもですね。

いざとなったらこうやってnoteに書いて小遣いを稼ぐことも出来ます(ドヤァ)

まあ別にnoteに書く必要はないんですが、ブログのプロフィール欄にこういう面白いエピソードを書いておくだけで、読者さんの反応って全然違ってくるんですよ。

シンプルにモノが売れやすくなったり、サイト滞在時間が伸びたり、再訪率が上がったりと良いことづくめです。

どれくらいブログとかやっている人がいるのかは不明ですが興味のある人は試してみてください。

やっていない人は次の元号の予想でもしててください。

後日談

結局、彼女(?) とはその後すぐに連絡がとれなくなりました。

僕もすぐに熊本から別の県に移りましたし、そこでウダウダ連絡取り合っても仕方ないですからね。

結局そのあと僕は今の嫁と結婚することになるわけですが……

嫁にはまだ元男の子との関係については話していません。

仮に話したらいったいどんな反応をするんでしょうね。正直全く予想がつきません。

別にこのときは付き合ってないので、浮気だとか言われる筋合いはないんですが、やっぱり女性としては複雑な気分になったりするんでしょうか。

あ、このノートを買った人!

決していたずらで僕の家に怪文書を送らないようにw

これダチョウ倶楽部的な前振りじゃないですからね?もしそれが原因で離婚することになったりしたら一生恨みますwww

~完~

コンテンツビジネスの可能性は無限大

こんな話でした。

ちなみにこのnote、ほぼノリと勢いだけで1時間ほどで書き上げてますw

それで10万円以上の売上になったのにはビビりました。

 

もちろんこの体験談だけだとヒキが弱かったので

「スロッターと相性の良いちょっとしたお小遣い稼ぎ情報」も抱き合わせて売ったんですけどね。

 

この事例から言いたいことは

頭を柔らかくすれば、どんなコンテンツでも売れる

ってことです。

 

というよりも、

普段の情報発信でファン化が進んでいれば、どんな商品でも売れる

という風に言い換えてもいいかもしれません。

 

とか書くと

「じゃあどうやって発信すればそんなにファン化するんだよ!?」

と思うかもしれませんが、そのへんを話し出すと相当長くなるので…

その辺の詳細はメルマガで話しています。

もちろん無料なので気になる人は忘れない内に登録しておいてください。

→メルマガ登録はこちらから(無料)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

超絶ブラックの土木建設会社で作業員として働いていた僕ですが、
ネット起業をきっかけに社畜を卒業し、現在はフリーランスとして活動しています。

長谷川ルキノの詳しいプロフィールを覗く

何かの縁でこの記事を最後まで読んでくださったあなたへのお礼として…

共働き子育て世代のサラリーマンパパでも脱サラできた時間管理術、
自分で記事を書かずに収益化するブログノウハウ、対嫁攻略法(笑)など…etc

ブログでは絶対に書けない裏情報やエグイ話を
通勤時間や家事・育児の合間に聞き流して学習できるように、
オンラインセミナーとしてまとめてみました。

もちろん無料ですので是非受講してみてください。

▶無料オンラインセミナーの席を今すぐ確保する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事